パンテオンとロトンダ広場 Pantheon

ローマ時代にあった巨大な公共施設、カンプス・マルティウス(Campo Marzio)があった場所に建てられた。かつては様々なローマ神を奉る万神殿だった。



17世紀の頃には、ロバの耳と言われた、ベルニーニが建てた2つの鐘楼も存在したが、取り除かれた。

1836年 Jakob Altの水彩画 出典 ウィキペディア 

この絵は、オーストリアのウィーン、アルベルティーナ美術館にあると思われます。


天窓



広場


ドラゴンの噴水

ローマのナゾーネと言われる街の噴水の鋳鉄製の一番初めのモデル。1874年に設置された物は、水が出る所が三ヶ所あり、 それぞれドラゴンの頭の形。現在では、たった三つしか残っていません。そのうちのひとつがパンテオン前の広場にある。


老舗サラミ屋 L'Antica Salumeria

サラミ屋の入っている建物の入り口



マティディアの神殿跡

向かって右側には、ハドリアヌス帝の義母の神殿跡が残る。



サエプタ・ユリア Saepta Iulia

向かって左側のミネルバ通り(Via della Minerva)に残る遺構。ガイウス・ユリウス・カエサルが企図しマルクス・ウィプサニウス・アグリッパが紀元前26年に完成させた。

トリブス民会の投票場、アウグストゥスが開催した剣闘士試合の会場、後には市場として使われていた。



ネプチューンの聖堂 Basilica di Nettuno

パンテオン裏パロンベッラ通り(via della Palombella)から見れる、ネプチューンの聖堂跡。マルクス・ウィプサニウス・アグリッパにより建てられた聖堂。現在はハドリアヌス帝が修復したパンテオンが建つが、現在でも円柱、煉瓦の壁、大理石のフリーズが



写真集

EDICOLANTEのイタリア小さな可愛い街の旅行記とコラム

イタリア在住15年。現在住んでいるローマを中心に旅した記録をまとめるサイトです。 ブログは、ほぼ毎日アメーバブログで書いています。 http://ameblo.jp/edicola コラムニスタとしてイタリア関連の記事も書いています。 お気に入り旅写真をアップし、地域別におすすめイタリアの小さな可愛い街の旅行記をまとめていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000