アントニオ・カノーヴァ通り via Antonio Canova

アントニオ・カノーヴァのアトリエ Studio Canova

新古典主義の代表である彫刻家、アントニオ・カノーヴァ(Antonio Canova, 1757年11月1日 - 1822年10月13日)の自宅兼アトリエ。

1779年にカノーヴァはヴェネト州からローマに引っ越してくることに決め、ヴェネチア宮殿に泊まっていたが、1803年にこの建物を購入。大人数の職人たちと多くの作品をここで制作した。

建物に貼られている古代ローマの遺跡が特徴的で、考古学としても大変重要。

建物入り口は、コロンネッテ通り(via delle Colonnette)27番地。

Agostiniani di S.Maria del Popolo所有だったこの物件をカノーヴァが購入。その後、1806年にもう2つ小さめの建物monache di S.Apollonia部分も加え大きな工房となったのだった。カノーヴァの死後、1822年、友人のアントニオ・デステ(Antonio D'Este)と彼の息子のアレッサンドロが相続。

1875年に家は競売にかけられた。始めはなかなか買い手が見つからなかったが、鉄職人の手に渡った。1880年に画家のArchimede Tranziへ。・・・略・・・

現在は縮小されギャラリー "Il Canovaccio" として使われているが、他の部分は総合病院(Ospedale di S.Giacomo)として使われている。

2つの碑文がある。

"1 Paolina BorgheseSTUDIO CANOVA PROPRIETÀ TRANZI" 

 "LO STUDIO CANOVA È DICHIARATO DI IMPORTANTE INTERESSE AI SENSI DELLA LEGGE 1-6-1939 N.1089"

ローマでの代表作

『アムールとプシュケ(エロスの接吻で目覚めるプシュケ)』(1787年 - 1793年)"Amore e Psiche"
ヨーロッパで名声を上げることになった、1796年のPaolina Borgheseの像とMaddalena Penitenteの像など


参考

EDICOLANTEのイタリア小さな可愛い街の旅行記とコラム

イタリア在住15年。現在住んでいるローマを中心に旅した記録をまとめるサイトです。 ブログは、ほぼ毎日アメーバブログで書いています。 http://ameblo.jp/edicola コラムニスタとしてイタリア関連の記事も書いています。 お気に入り旅写真をアップし、地域別におすすめイタリアの小さな可愛い街の旅行記をまとめていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000