チルコ・マッシモ Circo Massimo

★ ローマ建国伝説

ロムルスらがコーンスス神の祭にサビニ人を招待し、女たちをさらったその後のローマ神話の穀物の神コーンスス(Consus)に捧げる宴が催されたのがここであるとされている。


★ チルコ・マッシモ

ローマで最初の戦車競走の競技場が、大タルクイニウス(タルクィニウス・プリスクス)により、パラティーナの丘とアヴェンティーノ丘の間のムルチャの谷に作られた。当初は木製のシンプルな競技場だった。チルコ・マッシモは、最大の戦車競技場という意味である。


競技場は長さが約600m、30万人以上の観客が収容できた。一時期古代ローマ時代では一番大きな競技場だった。紀元前2世紀から549年まで競馬や闘牛など動物たちとのイベントなどが行われた。


紀元前33年、スピーナと呼ばれる中央分離帯を設置した。スピーナには、7つのブロンズのイルカと、中心にオベリスクと、7つの丸いブロック、神殿などが、何周するか数えるために置かれた。

ハドリアヌスが設置した階段状の観客席部分が、パラティーノ側に状態よく残っている。

オベリスクは紀元前10世紀に、アウグストゥスがヘリオポリスから運んできた紀元前13世紀のオベリスクをここへ設置した。現在そのオベリスクはポポロ広場に置かれている。

2本目のオベリスクは、4世紀にコスタンティヌス2世が設置。現在はサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂の裏の広場に見られる。


★ 地下祭壇 ミトラの神殿

中央地下にコーンススの祭壇があり、祭の日のみ掘り出された。祭ではウェスタの巫女とクゥイリーヌスのフラーメンが犠牲を捧げ、初穂の奉納と競技、ラバによる競馬が行われ、祭のあいだ馬とロバには休みが与えられた。

ウィキペディアより


★ 中世の塔

Torre_della_Moletta





イベント




ブログ

2015.09.11

2017.04


EDICOLANTEのイタリア小さな可愛い街の旅行記とコラム

イタリア在住15年。現在住んでいるローマを中心に旅した記録をまとめるサイトです。 ブログは、ほぼ毎日アメーバブログで書いています。 http://ameblo.jp/edicola コラムニスタとしてイタリア関連の記事も書いています。 お気に入り旅写真をアップし、地域別におすすめイタリアの小さな可愛い街の旅行記をまとめていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000