カッファレッラ公園 Parco della Caffarella(Parco Regionale dell'Appia Antica)

アッピア旧街道公園(Parco Regionale dell'Appia Antica)内にいくつかある公園の一つ。旧アッピア街道とラティーナ街道の間にある広大なカッファレッラ公園。沖積層の土地なので現在の家などの建設には向かないため自然のまま残されている。遺跡、教会、神殿など歴史と伝説もあるミステリアスな場所。

サイクリングや自転車、ピクニックを楽しむ現在の人たちと同じように、大昔からローマ人もお散歩を楽しんでいた場所。

カッファレッラ公園の見どころ

カッファレッラ公園公式HPより


以下は私のお散歩まとめメモ。


1. 水車小屋跡とアンニア・レジッラの墓 Casale dell'Ex mulino e Sepolcro di Annia Regilla

紀元2世紀の建物。哲学者の妻アンニア・レジッラ(Annia Regilla)の墓、 もしくは、旅行者の守り神の神殿だと言われている。建物内は農業博物館。土・日曜日10時から16時まで。 (夏時間は18時まで) 


2. 湧き水 Sorgente

3. エジェリアのニンフェウム Ninfeo di Egeria

人工的に岩を堀り、エジェリアのニンファに捧げられた紀元2世紀の神殿。両側面それぞれに3つニッチがあり、神の像が置かれていた。現在でも真ん中には男性像が見える。かつては屋根もあり洞窟状態だった。

自然に湧き出す水はミネラルいっぱいの、少しばかり酸性である。洞窟に水が溜まりなんとも神聖な雰囲気のある造りになっている。"Lacus Salutaris"と呼ばれてた。

神殿の真ん中の男性像はアルモーネ神であったに違いない。

ルネッサンス期には、Re Numa PompilioとNinfa Egeriaがデートをしていた場所だと言われるようになったが、実際の場所はカラカラ浴場近く(Terme di Caracalla)の森、Bosco delle Cameneだということが判っている。

4. カッファレッラの聖ウルバヌス教会 Chiesa di Sant'Urbano alla Caffarella

Tempio di Cerere e Faustina 紀元160年  1011年の壁画がある。

教会は特別時にだけガイド付きで見学できる。

5. ローマ時代の貯水槽 Cisterna Romana

Cisterna in opus signinum  紀元1世紀の貯水槽。2011年1月13日に半分が崩れてしまった。


6. 聖なる森 Bosco Sacro

かつてはウルバーノ教会に近い場所に、聖なる森と呼ばれるセイヨウヒイラギガシ(Lecco)の森があった。

第二次世界大戦中、ドイツ軍が空爆の監視場所として使っていたこともあった。

残念ながら現在は木々が少なくなり、樫の木はたった3本のみになってしまっている。

聖なる森からの景色

7. コスタンティヌス帝の頃の墓 Colombario Costantiniano

8. ヴァルカの塔 Torre Valca

12世紀の凝灰岩と大理石でできた塔。塔の側には川が流れており、木製の橋がある。

Valcaの語源は、後期ロンゴバルド語の"walkan"回すという意味から来ている。カファレッラの谷には、水が絶えることなく流れているのを利用して、水車小屋などを造り、麦などを砕いたり、布を洗う機械などを早くから利用していたからだ。

9. アルモーネ川 Almone ローマ神

カステッリ・ロマーニのアルバーノ・ラツィアーレ方面から流れてきて、ローマのテヴェレ川に合流(現在のex Gazometroの辺り)する。ローマ人はこの川を、神アルモーネ(Dio Almone)水と沼の神だとされていた。イタリアの初めの英雄である。

毎年3月27日に、イベント、simulacro della dea Cibele、神殿の在ったパラティーノ丘からここまで、プロチェッシオーネ(Processione)と呼ばれる行進が行われる伝統がある。

10. ヴァッカレッチャ農家 Casale Vaccareccia

カッファレッリ(Caffarelli)家が建てた農家。1546年 

馬が並んで水が飲めるようになっている。 マスケローネ(怪人の顔)が付いている。


11. 公園の家 - 枢機卿のぶどう畑 Casa del Parco-Vigna Cardinali

12. ニンフェウムの貯水槽 Cisterna Ninfeo

13. フィエニーレ貯水槽 Cisterna Fienile


14. バード・ウォッチング小屋 Capanno Birdwatching

沼があり、多くの生き物が生息している、オアシス。オアシス内は入場禁止地区だが、小道の先に小屋が建てられており、近くまで寄り鳥の生態観察ができるようになっている。


15. 大きな貯水槽 Cisterna Grande

見学はできなかった。




フォトギャラリー

野ウサギを見かけた。他にも出会うのが難しいけれど、キツネやフクロウ、ホタル等も生息。


沖積層の土地なので、柔らかく沼も存在する。




イチジク

ポプラ

ラズベリーの花

ニワトコ属の植物 黒の小さい実ができて、サンブーカというお酒が作られる。

農家

チェチリアメテッラの墓が望める



ブログ



参考

EDICOLANTEのイタリア小さな可愛い街の旅行記とコラム

イタリア在住15年。現在住んでいるローマを中心に旅した記録をまとめるサイトです。 ブログは、ほぼ毎日アメーバブログで書いています。 http://ameblo.jp/edicola コラムニスタとしてイタリア関連の記事も書いています。 お気に入り旅写真をアップし、地域別におすすめイタリアの小さな可愛い街の旅行記をまとめていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000