アスコリ・ピチェーノ Ascoli Piceno

マルケ州 アスコリ・ピチェーノ県

城壁に囲まれた中世の雰囲気を残す歴史と芸術の街。



アッリンゴ広場 Piazza Arringo

ドゥオーモ市立絵画館などがあり、この広場発着のトレニーノTrenino (汽車型観光車両)で街を一回りできる。(所要約30分、30分間隔で運行)   





特産品

カフェ・メレッティ Caffe’ Meletti

ポポロ広場Piazza del Popoloには、老舗店カフェ・メレッティがある。

ここで生産されるアニスを原料とする食後酒アニセッタ・メレッティ(Anisetta Meletti)に、ここのカフェに入れて飲んでみたい。     


オリーヴェ・アッラスコラーナ Olive all’Ascolana

アスコリ風オリーブというオリーブの中に肉などをつめて揚げたもの。



気になるレストラン

ロカンダ・デル・メディオエーヴォLocanda del Medioevo

市内中心地にあるこのリストレンテ、ピッツェリアは中世風の内装、服装が特色。この地方伝統の料理が出される。


イベント

馬上槍試合 Giostra della Quintana  

8月第1日曜日 

15世紀の衣装をまとって行われる歴史的・民族的なお祭り。騎馬試合 


参考

ウィキペディア

イタリア・マルケ州日本語サイト -アスコリ・ピチェーノ県

マルケ州の最も南に位置するアスコリ・ピチェーノ県。 この街はその県庁所在地です。 アスコリ・ピチェーノは、古代ローマ以前に存在した民族「ピチェーノ人」によって建設された非常に歴史深い街。 サビーナ族に由来する古代ピチェーノ人は、紀元前7世紀~6世紀、軍神マルスの使いであった聖なる啄木鳥に導かれてこの地にやって来たという言い伝えがあります。 トロント川とカステッラーノ川が合流する地点であり、又、岩山の麓に街があり、敵の防備に最適な場所だったことから、紀元前286年に古代ローマ帝国の植民都市となりました。 中世やルネッサンス時代の建築物が残る印象的な街並みが魅力の街です。【アッリンゴ広場】Piazza Arringo 広い荘厳な広場。15世紀~16世紀に建立された 聖エミーディオ大聖堂 Cattedrale di S. Emidio alle Grotte の聖壇にはカルロ・クリヴェッリが描いた美しい祭壇画が飾られています。 又、八角形の洗礼堂 Battistero は13世紀のもの。 市役所 Palazzo Comunale は、中世期にも市役所だった建物と アッリンゴ邸 Palazzo dell' Arringo の二つの建物から成っており、バロック様式の正面壁によってひとつにつながれています。 又、同広場には 司教邸 Palazzo Vescovile もあります。 【聖グレゴーリオ教会】S. Gregorio 13世紀に建立。古代ローマ時代の遺跡を基盤にして建てられたロマネスク様式の教会。 【マラスピーナ邸】Palazzo Malaspina マッツィーニ通り Corso Mazzini の16世紀の建物。 現在は 市立現代絵画美術館 Galleria Civica di Arte

italy-marche.info

EDICOLANTEのイタリア小さな可愛い街の旅行記とコラム

イタリア在住15年。現在住んでいるローマを中心に旅した記録をまとめるサイトです。 ブログは、ほぼ毎日アメーバブログで書いています。 http://ameblo.jp/edicola コラムニスタとしてイタリア関連の記事も書いています。 お気に入り旅写真をアップし、地域別におすすめイタリアの小さな可愛い街の旅行記をまとめていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000