アラーチェリのインスラ Insula dell’Ara Coeli

マルチェッロ劇場通り(via del Teatro di Marcello)沿いの、サンタ・マリア・イン・アラーチェリ聖堂(Basilica di Santa Maria in Ara Coeli)の下に位置する、インスラ(Insula)と言われる多層型共同住宅の遺跡。紀元2世紀頃。

インスラ(Insula)とは、大きなアパート

ローマの人口が増えるに従い、一戸建ての住宅(ドムス)は上流階級でなければ持てなくなったため、ローマ市内に住む住民の多くがこの様なインスラと呼ばれるアパートに住んだ。

建物の1階はタヴェルナ(食堂)や貸店舗、工房で、上層階がプレブス(下層階級)やエクィテス(中流階級)のローマ人の住居になっていた。 

上の写真は、4階部分と中世の頃の教会の鐘楼跡。


5階建て、380人が住んでいた

アラーチェリのインスラは、4階建て構造になっている。オリジナルは5階建てだったと思われる。1926年の工事で発掘されたが、残念ながら、現在の道路の地下9mまで、1階と2階部分が埋まっているため、全ては見ることが出来ない。

380人程の住人が居たと計算されている。


中世の頃は教会と市場が作られた

1653年にAlessandro VII Chigiの命で、建築家Carlo Fontanaにより、サン・ビアジョ・デル・メルカート教会(Chiesa di San Biagio del Mercato)が建てられ、カッシアのリタ(Santa Rita da Cascia)に捧げられていた。

周辺に15世紀頃まで市場があった。

上の写真は、12世紀のサン・ビアジョ・デル・メルカート教会(Chiesa di San Biagio del Mercato)跡の、半月型のフレスコ画 キリストとマリア様とサン・ジョヴァンニ


カッシアのリタの部屋(Sala Santa Rita)

1930年代にヴィットリアーノの建設のために壊され、1937-40年に、カッシアのリタの部屋(Sala Santa Rita)がモンタナーラ通り(via Montanara)に建てられた。



Insula dell’Ara Coeli

住所 Piazza d'Aracoeli, 00186 Roma


参考

EDICOLANTEのイタリア小さな可愛い街の旅行記とコラム

イタリア在住15年。現在住んでいるローマを中心に旅した記録をまとめるサイトです。 ブログは、ほぼ毎日アメーバブログで書いています。 http://ameblo.jp/edicola コラムニスタとしてイタリア関連の記事も書いています。 お気に入り旅写真をアップし、地域別におすすめイタリアの小さな可愛い街の旅行記をまとめていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000