アルテンプス宮 Palazzo Altemps

かつては枢機卿の宮殿だった15世紀の建物を、現在では博物館として使われている。オベリスクの乗った望楼がある。

この館の見どころ

暖炉、フレスコ画、礼拝堂、噴水のある中庭




ローマ国立博物館別館 Museo Nazionale Romano - Palazzo Altemps



コレクション

『オレステスとエレクトラ』Oreste e Elettra

紀元1世紀前半


ルドヴィシの頭部 Acrolito Ludovisi

ローマ北東部にある、サッルスティウス庭園内のヴェーネレ・エリチーナ神殿(Tempio di Venere Erycina)から『ルドヴィシの王座』とともに出土されたと言われている、『ルドヴィシの頭部』と呼ばれている女性の頭部像。ヴェーネレ・エリチーナ神殿から見つかった可能性が高いので、ヴィーナス(ウェヌス)だとも言われていて、元は座っている像だった可能性がある。紀元前5世紀。

ルドヴィシの王座 Afrodite (Trono Ludovisi)

海からアフロディーテが生まれるシーンを掘った紀元前5世紀の作品。愛と美と性を司る女神アフロディーテは二人の時間の女神ホーラ(複数形 ホーライ Horai)に抱えられて海から揚られている。 紀元前450-460年頃のものだと言われている。via Sicilia と via Sardegnaの間( l'Istituto Archeologico Germanicoの後ろから出土)

右側面 裸婦が2つのフルートを持っている

左側面 お香に火を点けている女性


自害するガリア人 Galata suicida




アルテンプス宮 Palazzo Altemps

住所: Piazza di Sant'Apollinare, 46, 00186 Roma


参考

EDICOLANTEのイタリア小さな可愛い街の旅行記とコラム

イタリア在住15年。現在住んでいるローマを中心に旅した記録をまとめるサイトです。 ブログは、ほぼ毎日アメーバブログで書いています。 http://ameblo.jp/edicola コラムニスタとしてイタリア関連の記事も書いています。 お気に入り旅写真をアップし、地域別におすすめイタリアの小さな可愛い街の旅行記をまとめていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000