ネットゥーノ Nettuno

ラツィオ州 ローマ県

歴史ある町なので見どころいっぱい。海に面した中世の建物群からの港の景色が印象的。イタリア語でネットゥーノは、ネプチューンという意味の名前の町。海の神ネプトゥヌスの神殿があった。ティレニア海を望むこのゾーンでは多種の天然石が採れる。

アンティウム Antium

古代にはウォルスキ族の首都があり、ローマ帝国時代にはアンティウム(Antium)と呼ばれ、現在のアンツィオとネットゥーノを含む地域が、カリグラ帝やネロ帝の生まれ故郷であり、避暑地として使われていた。紀元前338年にローマからラヌーヴィオを通り、アンツィオ、ネットゥーノへ続く街道が敷設され、紀元前9世紀から紀元6世紀に最も栄えたが、ゲルマン人の侵入で滅亡した。

上の地図はウィキペディアより

セヴェリア―ナ街道 Via Severiana

ローマ郊外のフィウミチーノ国際空港近くの Portusから、オスティアを通り、ネットゥーノも含むアンツィオ、テッラチーナ(Terracina)まで続いていた街道。セプティミウス・セウェルス(Settimio Severo)が建設開始、紀元198年完成。

中世の町並みが残る Borgo Medievale


見どころ

サンガッロ要塞 Forte Sangallo

ルネッサンスの建築家、アントニオ・ダ・サンガッロ・イル・ヴェッキオ(Antonio da Sangallo il Vecchio 1453年頃 - 1534年)の設計だと言われているボルジア家のローマ教皇アレクサンデル6世(Papa Alessandro VI )要塞。ネットゥーノ港を守るために建てられた。ルネッサンスの偉大な要塞建築物の一つ。要塞が4mの厚さもある造りになっている。1501-1503年

3階建で、現在は地質学博物館と、MUSEO DELLO SBARCO ALLEATOの2つの博物館が入っている。住所:via di Villa Adele,2

地質学博物館 Antiquarium

この地で採れた地質学的に珍しい、鮮新世(Pliocene)と言われる時代の1.800.000 から 6.000.000年前の化石などの出土品を展示。

(次回見学)

MUSEO DELLO SBARCO ALLEATO

中世の家並みゾーンへ

マルコーニ広場 Piazza Guglielmo Marconi

マッツィーニ広場の噴水

サン・ジョヴァンニ教会 Parrocchia Ss. Giovanni Battista ed Evangelista

中世のゾーンのマルコーニ広場にある、洗礼者ヨハネと福音書記者に捧げられた教会。カルロ・マルキオンニによる設計、1738-1748年建設。ネプチューンの神殿があった場所。

教会外観

教会内部

オルガン

パンフィーリ宮殿 Palazzo Doria Pamphilj-Borghese

1650年、バロック様式。ジャコモ・モーラ設計。ピエル・フランチェスコ・モーラのフレスコ画がある。

オルシーニ宮殿 Palazzo Orsini-Colonna

ボルジャ家、コロンナ家、オルシーニ家の手に渡ってきた1200年代建設の貴族の館。

墓碑 Lapide Palazzo Orsini 

“A EXCELLENTISSIMI O N DE URSINIS NOLANI IN TUS_IA PALATINI AD SOLETI COMITIS ET ONI CASTRI NOPTUNI”

コロンナ家の紋章

ネットゥーノ城 Casturum Neptuni

1200年代、ボルジャ家、コロンナ家、オルシーニ家。

ポルト・トゥリスティコ Porto turistico

ローマ時代の古い噴水 FONTANA VECCHIA

 中世の家並みが残る地区にあるコロンナ広場から、海が見渡せる石段を下りると、入れるポルト・トゥリスティコ(Porto turistico)という場所に出る。

そこに奇妙な入口があるのだが、入ってみると絶え間なく流れ出す神秘的な泉フォンターナ・ヴェッキア(Fontana Vecchia)が。石灰岩から流れ出す唯一のローマ帝国時代からの歴史を持つ泉。

重要な観光名所としてネットゥーノ市が近年に修復。この町出身の有名人の紹介や町の紹介パネルなども設置。閉まっている時もあるので、予め電話予約を。電話予約: 3339217594


Lungomare Santuario地区

マリア・ゴレッティの聖地 Santa Maria Goretti

マリア・ゴレッティMaria Goretti, 1890年10月16日 - 1902年7月6日)は、アンコーナ県(旧教皇領)のコリナルド出身の聖人。純潔を守るためにネットゥーノで命を落とした少女の聖地と聖堂(Santuario - Basilica)がある。

Scacciapensieri地区

超高層ビル Grattacielo

ミケランジェロ広場 Piazzale Michelangelo

コムーネ 役所 Palazzo Comunale

マッテオッティ通りにあるネットゥーノ市役所。1900年代。

ネットゥーノのボルゲーゼ宮殿 Villa Borghese

1648年に枢機卿のヴィンチェンツォ・コスタグーティ(Vincenzo Costaguti)の命で建設。1840年にイタリア式庭園を含む広大な庭を建設。オレンジの木などがある森、クーポラと塔のある屋敷が素晴らしい。

私有地なので、見学の場合は、la Nettuno Residence srl か、ボルゲーゼ家の王子に電話をして許可と予約を取らなけれなならない。

Cimitero Americano

(次回に訪問)

戦死者慰霊碑 Monumento ai caduti

(次回に訪問)

ネプチューンの噴水 Fotana del Dio Nettuno

アントニオ・グラムシ広場にある、1882年 折衷様式?Eccletticoの街のシンボル的存在の噴水。

かつてこの地には多くの神殿があり、イタリア語でネットゥーノ、海の神ネプチューンという意味の名前の町となった。海の神ネプトゥヌスの神殿があったからだ。現在見られる噴水はオリジナルとは違い、2つのパーツに分かれていた。1882年に市民に捧げられたOttavio De Angelisによるトラバーチン製の彫刻。

かつてはPiazza del Mercatoにあり、馬の水飲み場として使われていたが、第二次世界大戦の爆撃により破壊されたので修復し、一部分は現在あるマッツィーニ広場へ移された。現在見られるこの噴水は1949-1950年にネットゥーノ出身のRandolfo Belleudiにより改修された。

マッツィーニ広場の噴水

アストゥーラ塔 Torre Astura

ピクニック、海水浴。(次回に訪問)


サン・フランチェスコ教会 Chiesa San Francesco 

サンガッロ要塞前の13世紀のサン・フランチェスコ教会。15世紀のフレスコ画、ネットゥーノ生まれのアンドレア・サッキ(Andrea Sacchi)の作品がある。この場所には、幸運の女神の神殿(tempio della Dea Fortuna)があったと専門家の研究で発表されている。

ネットゥーノ港 Porto di Nettuno

Marinaretti

海兵用の防空壕。ここから戦時中は海を眺めていたそうです。現在、地元の人が“平和のモニュメント”として世界に伝えていこうとしています。



関連人物

パオロ・セニェーリ Paolo Segneri

ネットゥーノ出身のイエズス会の作家。(Nettuno, 21 marzo 1624 – Roma, 9 dicembre 1694)

パオロ・セニェーリの生家


お気に入りレストラン

アンティコ・ボルゴ Borgo Antico

20ユーロのセットメニューが前菜とパスタ、メイン料理が楽しめ、お得なのでオススメ。

アンティコ・ボルゴ Borgo Antico

住所: Piazza Guglielmo Marconi, 11, 00048 Nettuno RM


パスティッチェリーア・バール

ピエロサンティ Pasticceria Pietrosanti 

どのケーキも驚きのビックサイズ。それでも飽きない美味しさ。

 ピエロサンティ Pasticceria Pietrosanti 

Via Giacomo Matteotti, 55

カフェ・デッラ・ポスタ 

カフェ・デッラ・ポスタ

Piazza Mazzini,2



イベント

アンティーク市

毎月第4日曜 海岸通り Lungomare Matteotti


大アントニオス祭り Festa di sant'Antonio Abate

毎年1月17日前後の日曜。

動物の聖人大アントニオスに捧げられる。イベントの朝、ペットや馬やロバの家畜に神の祝福を受けるために行列が作られ、サン・フランチェスコ教会まで続きます。


リエヴォカンド RIEVOCANDO LA NOSTRA STORIA 

マドンナ・デッレ・グラツィエ祭り Festa della Madonna delle Grazie

 毎年5月第一土曜日と第二日曜

ネットゥーノの中心街

聖母マリア(La Madonna delle Grazie)像を、サンタ・マリア・ゴレッティ教会(Santuario di Santa Maria Goretti)から中世のゾーンにあるサン・ジョヴァンニ教会(Chiesa di San Giovanni)へと運ばれます。5月のこの一週間にはコンサート、収穫祭などイベントが盛大。


ポルチーニ茸の収穫祭

10月


元旦の海水浴 Il Bagno di Capodanno

1987年に始まったイベントで、 毎年元旦の12時に、老若男女が海に一斉に飛び込んで祝う。既に、ネットゥーノの人だけではなく他の街からもやってきて、真冬の冷たい海で泳ぐという、海の神様が棲むネットゥーノらしいイベント。


交通

電車

ローマからローカル鉄道FL8線で1時間10分程、終点下車(片道3.60ユーロ)

バス

ローマからコトラル社のバス

地下鉄ローマ・アナニーナ駅かローマ・エウル駅より約1時間半


ブログ




参考




EDICOLANTEのイタリア小さな可愛い街の旅行記とコラム

イタリア在住15年。現在住んでいるローマを中心に旅した記録をまとめるサイトです。 ブログは、ほぼ毎日アメーバブログで書いています。 http://ameblo.jp/edicola コラムニスタとしてイタリア関連の記事も書いています。 お気に入り旅写真をアップし、地域別におすすめイタリアの小さな可愛い街の旅行記をまとめていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000