サンタ・マリア・デル・オルト教会 Chiesa di Santa Maria dell'Orto と、中浦ジュリアン

16世紀 ルネッサンス・バロック様式

ファサードだけは ジャコモ・バロッツィ・ダ・ヴィニョーラ Jacopo Barozzi da Vignola の作品。(1576-78)

通称 ヴィニョーラは、イタリア・ルネサンス様式を西ヨーロッパに広めた3人の建築家の1人とされている。

三角のトンガリが付いてるのが珍しい!

私が見たかったのは、ファサードの真ん中にある、6時間しか無い珍しい時計。

教会内はバロック様式

そして、この教会で興味深いのは、、、天正遣欧少年使節で有名な、中浦ジュリアンの肖像画が飾られています。

中浦ジュリアン Giuliano NAKAURA 

(1568年頃 - 1633年10月21日)

彼の生涯を調べているうちに、波乱万丈の人生、キリシタンとして、ローマに赴いたことを誇りに亡くなっていかれた方だとわかりました。

1600年前後といえば、戦国時代終期。人々の生活を良くしようとしていた人の一人なんですね。

2007年にローマ教皇ベネディクト16世は、中浦ジュリアンを福者に列することを発表されたそうです。

BEATO NAKAURA 福者というのは、聖人に次ぐ地位にあたります。


1579年に巡察師として日本を訪れたアレッサンドロ・ヴァリニャーノ、キリシタン大名・大村純忠の提案で財政難に陥っていた日本の布教事業の立て直しと、邦人司祭育成のため、

1582年、使節をローマに派遣しました。

セミナリヨで学んでいたジュリアンを含む4人の少年たちが選ばれ、ジュリアンは副使となり、ローマで、ローマ教皇・グレゴリウス13世と謁見し ヨーロッパを巡礼し1590年帰国。

その後、九州で布教活動をしていたが、キリシタン弾圧のため、二十数年にわたって地下活動を続けることになり、とうとう、1632年に見つかってしまい、神父のルカス・デ・スピリト・サントと3人の修道士と共に穴吊りの刑に処せられました。

4日間穴吊りにされ酷く苦しんで亡くなられました。享年65。

「わたしはローマに赴いた中浦ジュリアン神父である」と最期に言い残したといわれています。


装飾がゴージャスで四角い大理石デザインがゴッツイ感がありますが、この金、茶、白の色味がシンプルで、たくさんの天使たちが甘い雰囲気を醸し出している、この完璧な教会内は素晴らしい!!

いつも私が教会に入るとミサの時間が多くて、今回も、お邪魔にならないようにそっと出ました。


とっても可愛らしい、木製プレセピオもありました。

ミサが終わったかな、と12時半頃に戻った時はすでに閉まっていました。


また次回、ゆっくり訪れた時にチェックする為、メモです。↓

ローマ時代初期よりこの教会周辺にはぶどう畑があったのと、農民の作物売買などが行われていたこと等から、教会内部の床の大理石や祭壇周辺の天使との彫刻等、随所に果物・野菜をモチーフとした装飾が見られる。

アヴェ・マリアのアルファベット「A・M」を重ねたステントグラスは、ピーマン(緑)とトマト(赤)の色を表しているそうです。


ズッカリ兄弟のフレスコ画

教会内のアプスのフレスコ画 le Storie della Vergine (1556年頃) 

14.ローマを見た宣教師 ジュリアン中浦

ジュリアン中浦の生涯には三つの特徴がある。遣欧使節として渡欧した国際的な視野、イエズス会の司祭、そして神と人への愛と奉仕に邁進し、殉教に至る徹底性である。   ジュリアンは1567年ころに西彼杵半島の中浦に生まれ、65年ののち、その豊かな生涯を穴吊りの責めで終えた。   気丈で温かい心をもつ少年ジュリアンは、大きな夢を抱いていた。それはローマに赴いて教皇に拝謁することである。しかし遣欧使節の副使としてその夢が現実になろうとした時、ジュリアンは、伝染病である三日熱にかかっていた。皆の勧めを押し切って謁見に臨んだものの熱で震える少年ジュリアンと、彼を温かく抱きしめる84歳の教皇グレゴリオ十三世との対面は、日本の教会の歴史における一つの頂点といえるであろう。   帰国後の1591年、ジュリアンは聚楽第で秀吉に謁見した後、天草でイエズス会に入会した。その後、当地のコレジオで勉学を終了し、修道士として活動を始めた。ジュリアンは最初の任地として、大きな実りが期待される南肥後の八代に派遣された。   1601年、神学の勉強のため再びマカオに渡ったが、長崎に戻ったジュリアンを待っていたのは辛い試練であった。それは理由も明確にされずに司祭叙階が延期されたことである。有馬のセミナリオ、京都、博多で職務を果たしながらこの試練を乗り切ったジュリアンは、1608年、長崎でついに司祭に叙階された。その後、1614年の追放で多数の殉教者を出した口之津に任命され、そこから毎年、天草、八代、柳川、小倉の信者を訪問した。体力が衰え始めたころ、ジュリアンは小倉に移って活動を続けていたが、1632年、細川忠利が熊本に移封されたとき、捕らえられて長崎のクルス町の牢に送られた。奉行はジュリアンの棄教を切に望み、10か月の間、彼に激しい責め苦を与えた。だがジュリアンの決心を変えられるはずはなかった。捕らえられる数年前、ジュリアンはすでに「キリストとローマ教会のため」と記し、殉教の覚悟を固めていたのである。1633年10月18日、ジュリアンの前に牢獄の門が開かれた。その日、西坂で穴吊りの責めを受けたのは、ジュリアンを含め、8人であった。その中でフェレイラ神父が転んだが、他は全員、キリストのために命を捧げた。その一人 ルカス・デル・エスピリトゥ・サントは、すでに1987年に列

www.cbcj.catholic.jp

EDICOLANTEのイタリア小さな可愛い街の旅行記とコラム

イタリア在住15年。現在住んでいるローマを中心に旅した記録をまとめるサイトです。 ブログは、ほぼ毎日アメーバブログで書いています。 http://ameblo.jp/edicola コラムニスタとしてイタリア関連の記事も書いています。 お気に入り旅写真をアップし、地域別におすすめイタリアの小さな可愛い街の旅行記をまとめていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000