ピア門 Porta Pia (Museo storico dei bersaglieri)

アウレリアヌス城壁にある城門。教皇ピウス4世が、当時既に使えなくなっていたノメンターナ門の代わりに建設した。ミケランジェロの設計。1561年に着工、ミケランジェロの死後の1565年に竣工。後を引き継いだのは、サン・ジョヴァンニ門も設計したと言われている、ジャコモ・デル・デゥーカ。

中心街側はミケランジェロの最後の遺作。

外側


現存する外側のファサードは、1869年に完成した、新古典主義のヴィルジニオ・ヴェスピニャーリによる設計。

聖アグネスSant'Agnese

アレクサンデル1世 (ローマ教皇) Papa Alessandro I

内側

このデザインには、ミケランジェロのアーティストとしての、ちょっとしたジョークが隠されています。ピウス4世 (ローマ教皇)がミラノの床屋さんの子孫であるということから、タオルと桶と石鹸をイメージしたものをポイントに入れている。

ミケランジェロのマスケローネ

これはミケランジェロ自身のつもりで作ったとも言われている。


ピウス9世 (ローマ教皇)の紋章

外側のファサードを設計した、ヴィルジニオ・ヴェスピニャーニ(Virginio Vespignani)のだと思われる。 ミケランジェロは未完のまま亡くなった。


内側の門の裏のモザイク

(次回に写真撮る)


1870年の大砲の裂け目 Breccia di Porta Pia

ピア門から十数メートル西に大砲の砲弾が当たってできた城壁の裂け目がある。1870年9月20日、ここからローマにベルサリエーリ(狙撃兵)部隊が侵入し、イタリアが統一した。裂け目があった地点には、大理石と青銅でできた記念碑が建てられた。

(次回に写真撮る)


ベルサリエーリの記念碑

ピア門外側前の広場中央に、1932年にムッソリーニの命で、イタリア統一を成し遂げたベルサリエーリの記念碑が建てられた。


4月の藤の花

ピア門内側近くにある建物に彩られる藤の花。4月上旬に見られる。


ベルサリエーリの歴史博物館 Enrico Toti Museo storico dei bersaglieri

ピア門の2つのアーチの間にある建物はかつては税関だったが、現在は博物館として使われている。第一次世界大戦の英雄、エンリコ・トーティの墓もここにある。



ブログ


参考

EDICOLANTEのイタリア小さな可愛い街の旅行記とコラム

イタリア在住15年。現在住んでいるローマを中心に旅した記録をまとめるサイトです。 ブログは、ほぼ毎日アメーバブログで書いています。 http://ameblo.jp/edicola コラムニスタとしてイタリア関連の記事も書いています。 お気に入り旅写真をアップし、地域別におすすめイタリアの小さな可愛い街の旅行記をまとめていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000