サン・ニコラ・イン・カルチェレ教会 Basilica di San Nicola in Carcere

ここはかつてフォルム・ホリトリウム(野菜や果物の市場)があった地区で、3つの神殿の上に、1128年、ローマ教皇ホノリウス2世(Onorio Ⅱ)の命で建築開始。ミラのニコラオスに捧げられた。中世の頃にこの周辺の地域は、ギリシャからの移民が多く住んでいた。カルチェレ牢獄という意味で、8世紀にこの場所は牢屋として使われていた。



教会外装

ファサード 

1599年 ジャコモ・デッラ・ポルタ設計

左はサン・ニコラ、右は3世紀に聖堂内に埋葬されたサンティッシミ・マルコ・エ・マルチェッリアーノのレリーフ



教会内部

三廊式。ローマ時代の建物遺跡を再利用した14本の円柱


中央祭壇 アプス

ヴィンチェンツォ・パスクアローニ(1819-1880)作の『サン・ニコラとピウス9世』

聖堂のアプスにかかるドーム(Catino)は、イエス・キリストと聖母と膝まづくサン・ニコラ

(次回訪問時に見学)


様々な時代のフランメンティ(碑文などの欠片)2世紀頃から12世紀頃。



右廊

コズマーティ様式の装飾。ローマでは珍しい12世紀のゴシック様式の横からの入り口。


アントニアッツォ・ロマーノ

本来は、この教会地下のビザンティン様式の礼拝堂にあった、剥がされたフレスコ画。

アントニアッツォ・ロマーノについて詳しくはこちら↓

誓願文(Iscrizione Votiva)と神殿の円柱遺跡

2つ目の円柱付近のの誓願文“Anastasius”。9世紀のオリジナルは金色。


左廊

14世紀の十字架(次回訪問時に見学)


地下遺構

見学料 3ユーロ

共和制ローマ時代の重要な3つの神殿

  • ヤヌス神殿 Giano
  • 希望の神スペス神殿 Speranza
  • 救いの神ユノの神殿 Giunone Sospita

希望の神スペス神殿

教会外壁に見られる、3つの内、一番小さい神殿。

スペス神殿とユノ神殿の間の通路だった場所。ローマ郊外の修道院ガビニャーノ出土の遺骨。

聖堂から出土。


ユノの神殿

教会真下。現在のラヌーヴィオの神。


ヤヌス神殿

前と後ろに顔を持つ神。

ヤヌス神殿の円柱基盤。


地下聖堂 クリプタ

現在の聖堂にあるアントニアツォ・ロマーノの剥がされた15世紀のフレスコ画は以前はここにあった。



教会裏のモンテ・サヴェッロ広場 Piazza di Monte Savello

Foro Olitorio(Forum Holitorium)

紀元前1世紀頃の、野菜やフルーツの市場。


写真集



ブログ




参考

教会公式HP

Romano Impero


wiki

EDICOLANTEのイタリア小さな可愛い街の旅行記とコラム

イタリア在住15年。現在住んでいるローマを中心に旅した記録をまとめるサイトです。 ブログは、ほぼ毎日アメーバブログで書いています。 http://ameblo.jp/edicola コラムニスタとしてイタリア関連の記事も書いています。 お気に入り旅写真をアップし、地域別におすすめイタリアの小さな可愛い街の旅行記をまとめていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000