アッピア旧街道 カペーナ門からチェチリア・メテッラまで

アッピア旧街道の起点のカペーナ門があった辺りから、チェチリアメテッラの墓まで、

0地点から3マイル目の、見どころをまとめました。


出発地点

カペーナ門 Porta Capena 現存しない

チルコ・マッシモとカラカラ浴場の間、現在のポルタ・カペーナ広場 piazza di Porta Capena にかつて存在した門。セルウィウス城壁に設けられた数ある城門のひとつ。

アッピア街道とラティーナ街道の起点。残念ながら現在は残存していない。

地下鉄B線チルコ・マッシモ駅




viale delle Terme di Caracalla


教会 Santa Maria in Tempulo 左


カラカラ浴場 Terme di Caracalla 右

セプティミウス・セウェルス帝の計画を引き継ぎ、212-216年に、皇帝カラカラが造営したローマ浴場跡。


サン・シスト・ヴェッキオ教会 Chiesa di San Sisto Vecchio 左

古い教会をインノケンティウス3世が修復し、聖ドミニクスに捧げた。ロマネスク様式の鐘楼は当時のもの。

1724-30年にかけて教皇ベネディクトゥス13世の命で、フィリッポ・ラグッツィーニが改修。

回廊に遺構が見られる。


サンティ・ネレオ・エ・アキッレオ教会 Santi Nereo e Achilleo 右

337年には存在した建物を、レオ3世が修復。内陣大アーチのモザイクは、800年頃のもの。15世紀に全体を改修。1597年枢機卿バロニウスの要請でフレスコ画が描かれた。



交通量の多い大きな広場 Piazzale Numa Pompilio

via di Porta San Sebastiano


スキピオ公園 Parco degli Scipioni 左

ラティーナ街道側のスキピオ公園内に、ポニウス・ヒラス納骨堂、サン・ジョヴァンニ・オレオ礼拝堂などの見所あり。


サン・チェザレオ教会 Chiesa di San Cesareo in Palatio 右

2世紀の建物の上に16世紀に建設された教会。床に2世紀の白黒モザイクの海景画がある。カヴァリエル・ダルピーノの下絵に基づくアプシスのモザイク『永遠なる神』と、アーチ上のモザイク『受胎告知』が必見。


枢機卿ベッサリオーネの家 Casina del Cardinal Bessarione

15世紀の美しい館。オリジナルのフレスコ画の一部とルネッサンス期の家具がある。


スキピオ一族の墓 Sepolcro degli Scipioni 左

紀元前202年にハンニバルを破った、スキピオ一族の墓。

1780年に発見された。見学はグループ予約だけ受け付けられている。



ドルススのアーチ Arco di Druso

カラカラ浴場に給水する水道橋の一部だった。



城壁博物館の上からの景色。



アウレリアヌス城壁 Mura aureliane

271年から275年、ローマ皇帝アウレリアヌスとプロブスの治世の間につくられた ローマの城壁。


サン・セバスティアーノ門 Porta San Sebastiano

門の下の落書き



城壁博物館 Museo delle Mura

apertura mar- dom 9.00-14.00. Lunedí chiuso

中心街側の景色

アッピア旧街道。城壁博物館の上からの景色。アウレリアヌスの城壁内が見学できる。


城門前の噴水




via Appia Antica 


1マイルストーン

via Cilicia と線路の高架下を歩くと、第1マイル柱石がある。

カペーナ門から1マイル、1000歩目にあたります。ここに現在あるのはコピーで、オリジナルはカンピドリオに移設されました。

カンピドリオの丘にある、オリジナルのⅠマイルストーン

この辺りはマルスの坂と呼ばれている坂道になっており、近年に発見された

マルス神殿 santuario di Marte 

がある。アルモネ川の氾濫で泥に埋め尽くされていたそう。紀元前4世紀頃の、27x16㎡の建物に、1m20cmの壁のフレスコ画が見つかったが、1970年に再度埋められ隠された。


TOMBE SOTTO IL CAVALCAVIA

高架下に隠された紀元1から2年の墓があるそう。


MAUSOLEO IN UNA CASA

アッピア旧街道19番地に、墓が個人宅に改造されたものがあります。南イタリア、ヴェノーザ Venosa出身の詩人のホラティウスがここまでやってきた記念に建てられたものだそう。

ホラティウスの墓 Sepolcro di Orazio と呼ばれていますが、エスクイリーノに本当のお墓がある。

(写真なし)


グラディエーター・スクール Gladiator School Rome - 'Gruppo Storico Romano ' 右

予約をすれば見学、体験可能な、昔のスポーツ観戦場。会員だけイベントなどに参加できる。


アルモネ川



カルティエーラ・ラティーナ Cartiera Latina 右

中世の頃からある紙の工場跡。 9.30 - 16.30 (夏期18.30)

これは、羊飼いの家を再現した展示。


プブリウス・セプティミウス・ゲタの墓 Tomba di Geta

プブリウス・セプティミウス・ゲタは、ローマ帝国の皇帝。第21代皇帝カラカラの実弟。大理石で覆われていたけれど、盗まれたか、他の建築物か何かのマテリアルに利用されて現在はこの状態。




レストラン、バール
インフォメーションオフィス、レンタサイクル

インフォメーションで地図などがもらえる。古代の宿泊施設があった場所。



プリシッラの墓 Sepolcro di Priscilla 右

1世紀のティトゥス・フラウィウス・ドミティアヌス Tito Flavio Abascanto 解放奴隷 Liberto の妻、プリシッラのお墓。春の第3日曜日だけガイド付きで見学できる。


ドミネ・クォ・ヴァディス教会 Chiesa Domine Quo Vadis 左

公式な名は、パルミスの聖マリア教会 Chiesa di Santa Maria in Palmisだが、Chiesa del Domine Quo Vadis ?で知られている。「主よ、どこへ行かれるのですか?」の意味の教会。

ネロ帝が放った火でローマは火事になり、キリスト教徒が罪を被り迫害されます。聖ペトロが、ローマでの迫害から逃れようとアッピアを旅してた時、目の前にイエスが現れたので、「主よ、どこへ行かれるのですか?」とイエスに尋ねた。ペトロは悟り殉教を覚悟してローマへ戻ったという。この教会にはイエスが残した足跡のコピーがある。

現在の教会は17世紀のもの、1637年 Francesco Barberini が建て直させた。オリジナルのカッペッラは9世紀には存在していました。

キリストの足跡 L'impronta del Quo Vadisのコピーがある。足跡のオリジナルは、アッピア街道をもう少し先へ行ったところにある サン・セバスティアーノ聖堂 Basilica di San Sebastiano fuori le mura に保管されています。

これは異教徒からの 奉納物 EX VOTO というものだったらしいです。






ここから、アルデアティーナ通り 右 アッピア旧街道 左 に別れる。

アッピア旧街道を歩いて直ぐのところで、左に行ける細道がある。ここからカッファレッラ公園へ入れる。


CAPPELLA DI REGINAL POE

1539年、イングランド王のヘンリー八世の宗教改革(離婚騒動)に対立していた枢機卿レジナルド・ポールのために建てられた。この場所で枢機卿は暗殺されそうになるが、陰謀を逃れることができた。後に、奉納祭 ex-voto に、この小堂 Cappella が作られた。


カッファレッラ公園 Il Parco della Caffarella

聖ウルバヌス教会 Chiesa di Sant'Urbano alla Caffarella がある。





Ingresso di Catacombe di San Callisto

平日はサンセバスティアーノ門 からチェチリアメテッラまでの、アッピア旧街道は開いていて、歩行者のための十分なスペースがないので、歩行に注意しましょう。

アルデアティーナとアッピアの通りの真ん中に、教会やカタコンベに続く通り Ingresso di Catacombe di San Callistoがあり、坂道になるが、とても爽快な景色が楽しめるので、こちらがおすすめです。



聖タルチシオ 教会 Istituto Salesiano S.Tarcisio

聖タルチシオ San Tarcisio 3世紀のキリスト教の殉教者 (Roma, 263 頃 – Roma, 275) の教会。

ローマ帝国時代のイタリアでは、キリスト教は弾圧されていたため、キリスト教の信仰を持った人はカタコンベなどで密かに集まり、祈りを捧げ、信仰を守っていた。 

祈りで重要になるのは司祭によって聖別された聖体であり、ミサを捧げるのに必要なものであった。 タルチシオはこの聖体を運ぶ役割を司祭から受け、密かに信者のもとへ運び届けていた。 しかし、ある日 聖体  l'eucaristia  を運んでいる途中に見つかってしまい、石で打ち殺され、殉教する。 石で打たれた時も、運んでいた聖体を胸に抱いて守り続け、奪わせなかったという。 そのため、肖像画や彫刻は胸に聖体を抱いているようなポーズが多い。 少年であったといわれ、また聖体を運んでいる最中に殉教したため、侍者の守護聖人として知られる。


杉の木は死を象徴すると思われていたので、イタリアの墓場に植えられていることが多い。


カタコンベ・ディ・サン・カッリスト(地下墓所)Catacombe San Callisto

apertura da giovedì-martedì 9.00-12.00 e 14.00-17.00. Mercoledì chiuso. Chiusura annuale: febbraio



駐車場あり。



via Appia Antica


古代ローマの納骨所 Colombario dei liberti di Augusto の中にあるレストラン

現在は Hostaria Antica Roma というレストランとして使われている。


2マイルストーン 左

第2マイル柱石がある。


墓廟群 Torre dei Sepolcri 左


レストラン Ristorante Cecilia Metella 左


サン・セバスティアノ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂 Catacombe San Sebastiano 右

聖ペテロと聖パオロの聖体が一時ここに埋葬されていた由緒ある教会。

バールあり。月曜ー土曜 10.00-17.00 日曜と、11月半ばから1月半ばまでは閉まっている。


カタコンベ(地下墓地)

カタコンベの言葉がここから来ている。


教会内のバールで休憩できる。

教会前の噴水



ロムルスの廟 Mausoleo di Romolo 左

309年。


マクセンティウスの競技場 Villa di Massenzio 左

3世紀初期のマクセンティウス帝が運営していた。火曜ー土曜 9.00-16.00. 月曜閉館



レストラン Garden Ristò 右


急な上り坂


チェチリア・メテッラ・エ・カストルム・カエタニ霊廟 Cecilia MetellaTomba Cecilia Metella 左

アッピア旧街道でも、高い場所に建てられ、遠くからでも目立つ存在。この地点からローマ方面へ入る時、パスポートのようなものが必要で、高い通行料を払わなければならなかった。

詳しくはこちらのページへ。

火曜ー日曜 9.00 から日没まで。 月曜閉館。

この墓から見つかった遺構が壁面に装飾されている。



聖ニコラ教会跡 Chiesa di San Nicola a Capo di Bove 右

崩れて一部しか残っていないが、ゴシック様式の教会だった。


地下鉄A線コッリ・アルバーニ駅から、ここまで市バス660番で来れる。


レストラン Quì nun se more mai 右



バール Caffe' Dell'appia Antica 左 


3マイル


ここ第3マイル辺りから見る夕景は最高だそうです。一度は見てみたい。

日本のガイドブックには、アッピア旧街道の情報はここ、チェチリアメテッラまでのものが多いが、この先、まだまだ見どころは続きます。この先も旅を続ける場合は、アクセスが悪く、食事や水分補給できる場所が少なくなるので、計画的に。

エジェリア公園 Parco Egeria

左のチェチリア・メテッラ通りを歩いて、アルモネ通りVia dell'Almone に入り右側に公園がある。週末は有機野菜や果物の市が出て、夏はプールで遊べてレストランもある。ここではエジェリアのミネラルウォーターも飲むことができ、空のボトルに詰めて持ち帰ることもできます。ミネラルたっぷりの硬水です。

EDICOLANTEのイタリア小さな可愛い街の旅行記とコラム

イタリア在住15年。現在住んでいるローマを中心に旅した記録をまとめるサイトです。 ブログは、ほぼ毎日アメーバブログで書いています。 http://ameblo.jp/edicola コラムニスタとしてイタリア関連の記事も書いています。 お気に入り旅写真をアップし、地域別におすすめイタリアの小さな可愛い街の旅行記をまとめていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000